職場にカラコンをつけて

MENU

職場にカラコンをつけて

カラコンは、最近はメイクの一部、と捉えている人も多いようですね。
一時は「カラコン=ギャル」というイメージでしたが、カラコンは実はナチュラルメイク派の強い味方でもあります。
ばっちりアイメイクをしなくとも、自然に瞳を大きく見せてくれるので、「厚化粧は職場的にNGだけど、瞳の印象を強くしたい…」と思う人や、目周りが敏感肌でこってりメイクは避けたいという人にも、カラコンはお勧めです。
さて、カラコンを職場で着けるにはちょっとしたコツがあります。
最初は、「ちょっと地味かな?」という位のカラコンを試しにつけてみましょう。
カラコンはつけるだけで結構印象が変わるものなので、カラーがはっきり出るものやデザインによっては「あれ?カラコン?」とすぐ分かってしまうことも。
自然で潤んだ印象にするなら、濃いめの茶色で縁がナチュラルなデザインを選びましょう。
また、長時間装着することになるので、信頼できるメーカーで、「高度医療機器」になっているカラコンを選ぶようにすると、瞳への負担が少なく、安心して装着できます。