カラコンのデメリット

MENU

デメリット

カラコンをこれから始めて装着してみるという方は、カラコンのデメリットについても知っておきたいですよね。カラコンのデメリットとしてまず1番に挙げられるのが、目に酸素が届きにくく、普通のカラコンを使うよりも目には負担がかかってしまうことです。それなので、カラコンの説明書などに書かれている注意書きのカラコン装着時間は厳守し、間違ってもカラコンをつけたまま寝てしまったり、カラコンのケアを怠ったりしないようにしましょう。また、格安で怪しいサイトなどから購入した場合、酸素うんぬんよりもまずレンズに直接色素がつけられていて、その色素が溶け出して黒目に悪影響を与えてしまうといったケースもあるようです。購入の際は、気を付けましょう!